補聴器具について

補助器具

ネイン フォスター電機とヒアラブルデバイスを開発

株式会社ネインというソフトウェアの会社が音響メーカーのフォスター電機と共同でヒアラブルデバイスの開発を発表しました。 XRヒアラブルというデバイスで、これには生体情報を実現する脈波センサーや顔追従を実現する9軸センサー、タッチセンサ...
補助器具

超高音質な骨伝導ヘッドフォン Prestin 感音性難聴にも効果あり

やちよ(@YfQEon4WnhloX3e)です! あなたは骨伝導イヤホンって使ったことありますか?? 使ったことがある皆さんは一度は思ったことがあるはず。 「え、音質悪くね?」 そう!残念ながら今の骨伝導イヤホンは音質が悪くて全然聴き取...
補助器具

アプリと骨伝導イヤホンで聞こえ支援 kikimimiとは

骨伝導イヤホンとアプリの組み合わせにより補聴器よりも安く聞こえの補助ができるkikimimi ! 骨伝導は基本的に感音性難聴にはあまり効果がないので、伝音性難聴の方が対象になるかなと思います。ただアプリでイコライジングできる...
補助器具

複数人でコミュニケーションがとりやすくなる Speaksee

難聴の方は言葉が聞き取りづらくなるだけではなく、音の聞き分けも苦手になります。 そのため、複数人が一斉に話したりすると、会話の内容が途端にわからなくなってしまうという人も多くいます。 Speakseeは複数のマイクを話して側の...
補助器具

認知症の人は補聴器がつけられない

認知症と難聴というと一見あまり関係ないように思いますよね。実は認知症発症の原因として難聴が全体の9%を占めています。これは実は一番大きな要因なんです。   難聴と認知症の関係について難聴予防は認知症予防 難聴と認知症の関係についてという記事...
補助器具

難聴でも聞きやすくなるスピーカーでテレビのボリュームを下げる方法

あなたは家族からテレビの音が大きすぎると怒られることはありませんか?もしくは家族に大音量でテレビをみていてうるさくて困ってはいませんか? テレビの音が大きすぎるとそれだけですごいストレスになってしまいます。また、会話の声が全...
補助器具

補聴器が必要な人、必要ではない人

耳が悪くなったら必ず補聴器が必要かというとそんなこともありません。 補聴器も安い買い物ではありません。 つける意思がない人にとって、補聴器を調整し終わって慣れるまでの約3か月というのはなかなかにきついです。 調整がうまく...
補助器具

補聴器だけじゃない 聞こえを補助する機器まとめ

目が悪いとメガネやコンタクトレンズを使うように、耳が悪くなると補聴器を使います。 ただ、補聴器以外にも聴力を補助できる機器があるので紹介します。
タイトルとURLをコピーしました
//pinterestの保存ボタン