補聴器ってどんなものがあるの? 種類と特徴を知ろう

補助器具
スポンサーリンク

補聴器といってもいろいろなメーカーから色々な補聴器が出ています。
そうなるとどの補聴器が良くて、自分には何が合ってあるのかわからないですよね。

補聴器には主に2種類あります。

  • 耳掛け式補聴器
  • 耳穴式補聴器

それぞれどんな特徴があるのでしょうか。
詳しくみていきましょう。

そもそも補聴器ってどんなもの?というあなた!補聴器とは あなたにぴったりの聴こえを提供してくれる医療機器という記事で補聴器についてまとめているので参考にしてください。

スポンサーリンク

補聴器の種類

補聴器には耳掛け式と耳穴式の2種類があります。

耳掛け式は補聴器といってイメージする、耳に引っ掛けるタイプの補聴器です。
耳穴式は小型で耳の中に入れて使う補聴器です。

耳掛け式補聴器とは

耳掛け式補聴器は本体からチューブが伸びていて、チューブの先に耳の形に合わせたイヤモールドがついているタイプです。

軽度難聴から高度難聴まで対応できる幅広い補聴器ですね。

補聴器は耳に引っ掛けて使うので、見た目で補聴器をしているとわかりやすいです。

耳穴式補聴器とは

耳穴式は小型で耳の中に入れて使います。
耳掛け式と違い、チューブがなく鼓膜近くで音を聞くことができるので音がクリアです。

ですが耳穴式の場合は重い難聴には対応していない場合が多く、聴力によっては力不足になってしまいます。

耳の中にいれて使うことができるので、見た目にわかりにくく補聴器を使っているとあまり知られたくないような人にはいいですね。

やはり見た目を気にする人は結構います。
その分耳が悪いと気づかれにくいのでトラブルには注意が必要ですね。

耳掛け式と耳穴式のどちらがいいのか

基本的には自分の聴力に合っているかが重要になりますが、聴力的にどちらも使えるといった場合はもう完全に好みです。

例えば見た目を重視したければ耳穴式補聴器が、つけているのがわかりにくくていいでしょう。
あとはBluetoothで音楽がきけるようになっていたり、ノイズキャンセル機能がついていたりと移動中に音楽を聴きたいという人はそういう機能がついた耳掛け式になるでしょう。

しっかりと調整をすれば、対応している聴力の範囲ならどちらを使っても問題なく使えるはずです。

あとは高齢だと耳穴式は失くしやすかったりするので、せっかく買ったのに!となることが多いですかね。

個人的には補聴器はなるべく隠したい!という人以外は耳掛け式にしておけば確実だと思います。

補聴器自体をオシャレにデコレーションしたりすることもできますからね。

補聴器に関する記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//pinterestの保存ボタン