あなたもすぐに理解できる 難聴とは音が聞こえづらくなる症状

難聴
スポンサーリンク
  • 難聴って耳の聞こえない人でしょ?
  • おじいちゃんやおばあちゃんで耳が遠くなっちゃった人でしょ?

あなたも難聴というとそんなイメージを持っていませんか?

実は難聴とは音が聞き取りづらい状態をいい、少しでも音が聞き取りづらかったらそれはもう難聴です。

特に日本人は難聴だと気付きにくく、もしかしたらあなたも気づかないうちに難聴になっているかもしれません。

これを読めばあなたも難聴についてよくわかるようになります。

スポンサーリンク

難聴の概要

難聴とはそれ自体が病気ではなく、症状の1つです。
耳が聞こえづらい状態を難聴といい、聞こえづらさによって軽度、中度、高度、重度、ろうと別れています。

  • 軽度 25dB〜45dB
  • 中度 46dB〜70dB
  • 高度 71dB〜95dB
  • 重度 96dB〜115dB
  • ろう まったく聞こえない

障害者手帳がもらえるのは高度難聴からとなり、軽度、中度の難聴は聞こえづらいにも関わらず特になにもありません。

難聴の種類

難聴には症状による種類と原因による呼び方があります。

症状

  • 伝音性難聴
  • 感音声難聴
  • 混合性難聴

これらは問題のある耳の部位によって変わります。

また、これ以外にもAPD(聴覚情報処理障害)というのもあり、海外ではAPDも難聴と同じように扱われることがほとんどです。

原因

  • 騒音性難聴
  • 加齢に伴う難聴
  • 突発性難聴
  • 先天性難聴

これらは何によってその難聴が引き起こされているかによって変わります。
難聴の種類について聞こえないわけじゃない 難聴の種類とそれぞれの症状についてで詳しく解説しているので参考にしてください。

伝音性難聴とは

伝音性難聴は主に外耳から中耳に問題がある場合におこります。
音が小さく聞こえるのが特徴です。

難聴者の全体数でみると、伝音性難聴の人はそこまで多くありません。

感音性難聴とは

感音性難聴は中耳よりも先の神経系に問題がある場合に起こります。
音が歪んで聞こえるのが特徴です。

音が鳴っているのはわかるけど、なんと言ってるのかわからない。
どこから鳴っているのかわからないということが起こります。

混合性難聴とは

混合性難聴は文字通り症状が混ざっている難聴で、伝音性と感音性の両方の症状が見られます。

特に高齢者で多いですね。

音は小さく聞こえるし、歪むしでなかなか話が通じません。

APDとは

APD(聴覚情報処理障害)とは音は問題なく聞き取れるのに言葉を認識することができない症状です。

音は普通に聞こえるので、聴力検査では異常は見られないので発見が難しいです。

日本ではほとんど認知されていない症状で、聴力検査は問題ないけど相手が何を言っているのかよくわからないという場合はAPDを疑ってみてください。

難聴の原因

難聴の原因は様々で一概にこの難聴はこれが原因です!とはいうことができません。

多く見られる原因

  • 騒音
  • 加齢
  • ストレス
  • 先天的なもの
  • 耳掃除
  • 病気

騒音性難聴

騒音が原因となっている難聴です。
ヘッドフォン難聴とかいわれているのもコレの一種ですね。

耳は85dB以上の音を聴くとダメージを受けます。
音の大きさによって耐えられる時間がある程度決まっています。

例えば85dBの音なら24時間連続で聴いていると難聴のリスクが高まります。

ジェットエンジンが130dBぐらいの大きさになりますがこれは数秒で難聴のリスクが高まってしまいます。

大きい音を長時間聴くことで耳にダメージが蓄積していき、難聴になってしまいます。

騒音が原因となるとほとんどの場合は感音性難聴になります。

加齢に伴う難聴

年齢を重ねるごとに徐々に聞こえが悪くなっていきます。

これは歳を重ねることで代謝機能が落ちたり、姿勢が悪くなることで自律神経が乱れることで起こります。

歳を取れば誰もが耳が悪くなるというわけではなく、歳をとっても普通に聞き取れる人もいますよね。

そういう方は代謝機能が落ちておらず、健康的な生活を送っているはずです。

歳を取ったら誰しもが耳が悪くなるわけではないということですね。

ストレスに伴う難聴

ストレスに伴う難聴も加齢と同じように代謝が影響しています。

ストレスが溜まることで、自律神経が乱れ代謝が落ちます。
それにより血流が悪くなり、耳の中の有毛細胞にダメージがあります。

突発性難聴などはストレスに起因していたり、騒音性難聴に起因することがほとんどですね。

先天的な難聴

難聴といって一般的にイメージするのは生まれた時から障害として持っているというケースじゃないでしょうか。

実は難聴は先天的なものよりも圧倒的に後天的なものの方が多いんです。

先天的な難聴は遺伝子に変異が起こることで起こります。
遺伝子の突然変異は誰しもが起こり得ることです。
実際、難聴児の両親は2人とも耳が聞こえるケースがほとんどで、親から遺伝することはあまり多くありません。

耳掃除に伴う難聴

耳掃除って気持ちいいですよね。
ですが、正しい耳掃除をしないと逆に難聴になってしまうことがあります。

耳掃除では、掃除をしているつもりでも耳垢をむしろ押し込んでしまっていることがあります。
そうして耳垢を奥に溜め込んで伝音性難聴になってしまうことがあります。

耳掃除は正しく行うようにしましょう。

病気に伴う難聴

あなたは40℃近い高熱を出したことがありますか?
実は高熱を出すと難聴を引き起こす可能性があります。

また、薬によっても難聴を引き起こす可能性があります。

難聴の主な症状

難聴の主な症状は言葉が聞き取りづらくなることです。

単純に小さく聞こえるようになることもあれば、音が歪んでしまい音は聞こえるけどなんと言っているかわからなくなってしまうこともあります。
また、耳鳴りを併発することも多いです。

音が聞き取りづらくなると日常生活のいろいろなシーンで問題が出てきます。

  • 1対1の会話はいいが、複数人の会話になると聞き取りづらくなる
  • テレビの音量が大きい
  • 電話での会話がわかりにくい
  • 家電の電子音に気付かない

難聴の自覚がなくても、これらに当てはまるようならあなたも難聴かもしれません。

難聴の見つけ方

あなたも聴力テストをしたことがあるんじゃないでしょうか。

難聴を見つけるのは主にこの聴力検査からということになります。

聴力検査は2種類あります。

  • 純音検査
  • 語音弁別検査

あなたが普段健康診断などで行なっている聴力検査が純音検査です。

この検査以外にも、日常生活で難聴に気づくこともできます。

例えば体温計の音がいつ鳴ったかわからない
鳥の声が聞こえない

ということもあります。

赤ちゃんの場合は産まれてすぐに新生児スクリーニングという耳が聞こえているかどうかを判断する検査を行います。

難聴の治療法

よく耳が良くなる!みたいな本が本屋さんに売られていますが、基本的に難聴は治りません。

この手の本は、代謝が落ちて聞き取りづらくなっている人であれば有毛細胞がまだ生きていれば代謝をよくすることで良くなる可能性があるというレベルの話です。

例えば先天的な難聴の人が、この方法を試しても残念ながら良くなることはほとんど考えられません。

難聴の原因は様々で、ほとんどのケースでは難聴は治らないと思っておいてください。

難聴にならないように日頃から気をつけるのが1番です。

突発性難聴の場合には治療により聴力を戻すことが可能です。ただ、48時間を過ぎると元の聴力に戻らなくなってしまう可能性があります。
突発性難聴になってしまったら 聴力を戻すためにすることという記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

難聴の補助器具

難聴になってしまった場合、聞こえを補助してくれる道具がいくつかあります。

目が見えにくくなったときにメガネやコンタクトを使うのと同じですね。

  • 補聴器
  • 人工内耳
  • 集音器
  • ロジャー

一般的にはこれらを使いますね。
最近は難聴の人でも聞き取りやすいスピーカーなんかも出ています。

どんな機器があるのかは補聴器だけじゃない 聞こえを補助する機器まとめで詳しく紹介しているので参考にしてください。

難聴に伴うその他症状

難聴は耳が聞こえにくくなる以外にも症状が出ることがあります。

特に多いのが耳鳴りですね。

難聴で耳鳴りが併発する場合、難聴がよくなれば耳鳴りもよくなりますが、基本的に難聴は治らないので耳鳴りも良くならないケースがほとんどです。

そういう場合、耳鳴りと長く付き合っていくことになります。

耳鳴り自体をなくすことはむずかしいですが、耳鳴りを軽くすることはできます。

難聴の遺伝

難聴は親から遺伝するよりも圧倒的に遺伝子の変異によって突発的に難聴になってしまうことが多いです。

例えば親の難聴が陰性の範囲だった場合、両親が2人とも同じ遺伝子に変異が見られないと子供には遺伝しません。

先天的な難聴は誰しもがなり得て、親が難聴だから子供も必ず難聴になるということはないと覚えておいてください。

その他聞こえに関する記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//pinterestの保存ボタン