音質が良くなるヘッドフォンアンプはない ヘッドフォンアンプの効果と意味

ヘッドフォン
スポンサーリンク
  • ヘッドフォンアンプって何?
  • 音楽をいい音で聴きたいけどヘッドフォンアンプっているの?

という疑問を持っているあなた!

実はヘッドフォンアンプは音楽を綺麗に聞くためのものではありません。
つまりヘッドフォンアンプがなくても高音質で音楽を聴くことができます。

では具体的にヘッドフォンアンプとは何をするものなのか?
どういう人に必要なのか

この記事を読めばあなたもヘッドフォンアンプを買うべきか、いらないのかわかるようになります。

スポンサーリンク

ヘッドフォンアンプの機能

POINT

ヘッドフォンアンプはヘッドフォンをしっかり鳴らすためのもの

音質がよくなる機能はもっていない

ヘッドフォンアンプってよく聞くけど、実際何するものなの?
なんで必要なの?

と思いますよね。

ヘッドフォンアンプはヘッドフォンをしっかりと駆動するために電力を増幅させるものです。
低いインピーダンスのヘッドフォンは抵抗が小さいので、少しの電圧で沢山の電流が流せます。
しかし、高いインピーダンスのヘッドフォンは抵抗が大きいので電圧を大きくとっても電流は小さくなってしまいます。

水の流れにするとわかりやすくて、電圧は水の流れる強さ、電流は水の量だと思ってください。
インピーダンスは水門ですね。

インピーダンスが低いと流れやすくなるので、水門が開いている状態です。
逆に高いと水門は閉じています。
水門が閉じた状態でいくら水の流れを強くしても流れてくる水の量には限界がありますよね。
逆に水門が開いていれば、わざわざ水の勢いをつけなくてもたくさん水は流れていきます。
ヘッドフォンアンプはこの水門の開き具合に合わせて水の勢いと量を調整してくれるものだと思ってください。

スマートフォンにも音楽プレーヤーにもヘッドフォンアンプは搭載されています。
そのため基本的には音楽を聴くために別でヘッドフォンアンプは用意しなくても音楽は聴けるようになっています。

ヘッドフォンのインピーダンスなどの用語がよくわからないという人は用語の解説も参考にしてみてください。
ヘッドフォンのカタログスペックを見れるようになろう>>

音が良くなるヘッドフォンアンプはない

POINT

DAC(デジタルアナログコンバーター)+ヘッドフォンアンプのセットなら音質がよくなる可能性がある

ヘッドフォンアンプを使ったら音が良くなった!という話をあなたも聞いたことあるんじゃないでしょうか。
残念ながらこれはヘッドフォンアンプが音を良くしているわけではありません。

音が良くなるヘッドフォンアンプがあれば、ヘッドフォンアンプから出た音をさらにヘッドフォンアンプに入れてあげるとどんどん音が良くなっていくはずです。
が、現実には音は悪くなっていきます。

じゃぁなぜ、ヘッドフォンアンプを使ったら良くなった!という人がいるかというと、スマートフォンや音楽プレーヤーのアンプがしょぼいからです。

DAC(デジタルアナログコンバーター)内蔵のヘッドフォンアンプを使っていて、スマートフォンや音楽プレーヤーからデジタル出力してあげると、しょぼいスマートフォンや音楽プレーヤーのアンプを通さずに音楽を楽しむことができます。
これがヘッドフォンアンプを使ったら音が良くなると言われるカラクリですね。
音を良くしようと思ったらヘッドフォンアンプだけではなく、DACもセットで使わないといけません。

なぜ別でヘッドフォンアンプを買うのか

POINT

普通に音楽を楽しみたい人にはヘッドフォンアンプはいらない

ヘッドフォンのインピーダンスが300Ωといった、高いものを使っている人には必要

ヘッドフォンアンプを買う必要がある人というのは基本的には高インピーダンスのヘッドフォンを使うひとです。

それ以外のほとんどの人にはヘッドフォンアンプはいりません。

先程言ったように、スマートフォンや音楽プレーヤーのアンプはしょぼいので、それをスキップしたいよ!というひとはDAC(デジタルアナログコンバーター)とヘッドフォンアンプを買ってあげると音が良くなります。
ヘッドフォンアンプの中にはこのDACが内蔵のものもあるので、そういうものを買ってあげるといいですね。

DACが付いていないヘッドフォンアンプを購入して、スマートフォンや音楽プレーヤーに接続しても音は良くならないので注意です。
なぜかというと、すでにしょぼいアンプを通ってきた音をヘッドフォンアンプで増幅することになるからです。

ヘッドフォンアンプを使うと単純に持ち歩かないといけないものが増えるので、そういうのが嫌な人は全然ヘッドフォンアンプはいらないと思っておいてください。

まとめ

ヘッドフォンアンプ自体には音を良くする効果がないことはわかったと思います。
基本的にスマートフォンや音楽プレーヤーで音楽を聴く人にはヘッドフォンアンプは必要ありません。

もしヘッドフォンを買ってみたけど、スマートフォンや音楽プレーヤーの音量を大きくしても流れてくる音楽の音が小さいままだ!という人はヘッドフォンを鳴らすための電力が不足しています。
そういう人はヘッドフォンアンプを買ってあげることで、持っているヘッドフォンをしっかり使えるようになります。

もし、もっと音質をよくしたいという人はDAC付きのヘッドフォンアンプを購入してあげることで音質が良くなることは期待できます。
ですが、その分移動の際の持ち運びなどでは荷物が増えるので、その点は注意ですね。

その他ヘッドフォンの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//pinterestの保存ボタン