難聴になると困るシーン 当てはまると難聴の疑いあり

難聴
スポンサーリンク

普通の人が苦じゃないことも難聴になることで、困るシーンというのがいくつかあります。

  • 複数人の会話
  • テレビの音量
  • 電話での会話
  • 電車内のアナウンス
  • 電子機器の呼び出し音
  • 病院などでの呼び出し

などなどいろいろなシーンで難聴の人は困っています。

それぞれどんなことに困り、どうしているのかを確認していきましょう。

これらのシーンで相手の会話が聞き取りづらいとか、聞き間違いが増えるという人はもしかしたら難聴の可能性があります。

スポンサーリンク

複数人での会話が聞き取りにくい

難聴になると複数人での会話が難しくなります。
特に誰が何を言っているかがわからなくなり、1度に複数人で会話が始まるとなんと言っているか聞き分けができなくなってしまいます。

1対1での会話は普通にできるのに、複数人で話をする時には相手が何を言っているのか聞き取りづらい。
誰が話しているのか分かりにくいという人は難聴かもしれません。

テレビの音量が大きい

難聴は急に症状が進むよりも、圧倒的に長い時間をかけて進行していきます。
そのため、徐々にテレビの音が大きくなっていきます。
テレビの音量もゆっくり大きくなっていくので、慣らされていき、気づいたら結構な音量になっています。

そのため、自分自身では耳が悪くなっている自覚が少なくなります。

久しぶりに実家に行ったらテレビの音量が大きくなってる!みたいな話をききませんか?
テレビの音が聞き取りづらい、ニュースは内容がわかるけどバラエティ番組は話についていけないという人は難聴の疑いがあります。

もしテレビの音量が大きくなっている場合は解決策を紹介しているので参考にしてください。

電話の声が聴きとりにくい

電話、特に固定電話での相手の声が聞き取りづらいという場合は軽度の難聴かもしれません。

電話は相手の口の動きを見ることができずに、音だけで話の内容を判断する必要があります。

私たちは読唇術ではないですが、ある程度口の動きと前後の文脈から多少聞き取れなくても話の内容を類推することができます。
そうすると多少耳が悪くなっていても普通に会話ができてしまいます。

普通に会話ができるので耳が悪くなっていると自覚するのが遅れるんですよね。

電話の場合は、口の動きを見ることができないので相手がなんと言っているか類推することができません。
そのため、難聴の人は電話での会話が苦手になります。

電話の音が聞き取りづらい理由について詳しく紹介していので参考にしてください。

電車のアナウンスが聞こえない

電車の中はかなりの騒音になっています。
耳がいい人は情報の取捨選択ができるので、雑音の中でもアナウンスの声にフォーカスすることができます。

ですが、難聴になると音情報の取捨選択がうまくできなくなってしまいます。

そのため、耳が悪くなるとアナウンスの内容を聞き逃してしまうことが増えます。

また、補聴器を使っている人はアナウンスの声だけではなく電車の走行音も大きくなってしまいます。
そうなると非常に耳障りで補聴器をつけていられないという人もいます。

補聴器がなければアナウンスも当然聞くことができないので、常にどの駅に着いたかといったことを確認したりする必要があります。
これだと疲れちゃいますよね。

電車で困ることについても紹介しているので、参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//pinterestの保存ボタン