意外に聞こえる!耳をすます効果

スポンサーリンク






よく聴きたいときや、耳をすますときに耳に手を当てたりしませんでしたか?

実はこれ、ものすごく効果があります!


片耳だけだと8dBほど、両耳だと12dBも上がるのです!

最近やっていない方は是非試してみてください!

こんなアナログな方法でも少し聞こえは改善します!







目次   
1. 耳に手を当てるとなぜ聴こえやすいか

2. 人によって聞こえ方が違う

3. 正面の音が一番聞き取りやすい

4. 耳かけ式補聴器はマイクが耳介の外にある

5. 人工耳介をつかった集音器の音がかなりクリア

6. まとめ

スポンサーリンク

1.耳に手を当てるとなぜ聴こえやすいか

通常私たちが耳と呼んでいる部分は画像の部分だと思います。

これを耳介と呼びます。

この耳介ですが、主な役割は音を集めるという効果があります。

そのため耳に手を当てると音を集める効果が高まり、聞こえがよくなります。

2.人によって聞こえ方が違う

この耳介ですが、人によって形が違いますよね。

この耳介のくぼみや溝が共鳴する音の増幅をしたりしています。

そのため、人によって共鳴する音の増幅度合いが違ったりします。

と、いうことはつまり人によって聞こえ方が違うということです。

高い音が聞き取りやすい人もいれば、低い音が聞き取りやすい人もいればといった具合ですね。

不思議じゃないですか?


3.正面の音が一番聞き取りやすい

私たちヒトの耳介は正面を向いています。

そのため、正面の音を集めやすくなっています。

他の動物は耳を動かすことが出来るので、左右に耳を動かして、外敵の足音なんかを拾おうとしますよね。

ヒトは残念ながらそういう機能は備わっていないので首を振るしかありません。

そういった観点からも、高齢者なんかとお話をする際は正面から語りかけてあげることが重要!!


4.耳かけ式補聴器はマイクが耳介の外にある

耳は耳介が音を集音してくれていますが、補聴器、特に耳かけ式のマイクはこの耳介の外側にいます。

せっかく耳介が集音してくれてるのに!!

と私も思っていますがなんでこういう形なんでしょうね。

耳穴式は文字通り、耳の穴へはめるタイプなので多少耳介の集音の恩恵を受けていると思うのですがどうなんだろう・・・。

そんなこんなで補聴器のマイクは正面にいる人の声を後ろ側から拾っています。

このあたりは私もまだまだ勉強不足なので、もっと調べて追記しますね。


5.人工耳介をつかった集音器の聴こえがかなりクリア

補聴器ではこの耳介の能力をほとんど発揮できていないと思いますが、人工耳介を使った集音器があります。

こちらはみみ太郎という集音器になるのですが、私が聞いた感じかなりクリア!!

健聴なので参考にならないかもしれないですが、補聴器より全然聞きやすい!

みみ太郎については別の記事にまとめているので是非ご覧ください。


人工耳介で補聴器にはない自然な聞こえ オススメ集音機 みみ太郎


6.まとめ

このように、耳をすませるのはめちゃめちゃアナログな行為で、全然効果がなさそうに感じます。

しかし、実際は10dBほど聴こえが改善するめちゃめちゃ理にかなった方法です。

なかなかやる機会も多くないとは思いますが、一度耳をすませてみるとよーく聞こえますよ。







初めての方は是非、私のことについても知っていただけると嬉しいです。
まずはこちらをご覧ください。
やちよについて

難聴についてまとめています。こちらを読んで難聴について理解いただけるとうれしいです!! 難聴に対する理解の低さ 聞こえづらいということを意識したことがありますか?

聴こえの支援機器についてまとめています。
特に補聴器以外についてまとめいるので是非参考にしてください。
聴力補助の支援機器まとめ 補聴器以外にも聴こえの改善は可能です


ただ漠然を耳が遠くなっていると感じているだけで、病院に行って聴力検査などはしていない方もおおいのではないでしょうか?
今はスマートフォンのアプリで簡単に調べることができます。
おすすめアプリをまとめているので是非ご覧ください。
おすすめ 無料聴力検査アプリまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//pinterestの保存ボタン