体温計の音は聴こえますか? 身近なものの音で難聴になったことがわかる

スポンサーリンク

最近は一瞬で熱が測れてしまうので、それほどきにならないかもしれませんが、体温計の
「ピピピッピピピッ」

という音で自分が難聴気味になっているのかがわかります。



高齢者の方で体温計の音が聞こえない!という人は結構いるんですよ。


自分が熱を測った時に、体温計の音に気付いていなかったら・・・

もしかしたら難聴が進行しているかもしれません!


そんなときは病院で診察をしてもらうか、今は聴力検査アプリもいろいろ出ているので一度検査をしてみることをおすすめします。

あなたが大きい声でおじいちゃんおばあちゃんに話しかけていると、こちらが大きい声で話しかけていることに気付かずに本人はふつうに聞こえているつもりでいるということがあります。

本人は聞こえているつもりなので、補聴器を使ってほしいという希望も聴いてもらえず、病院にもいかないというケースがあります。


このようにみんな聞こえているけど、自分だけ聞こえていないというものが身近にあれば、自分は聴力が落ちているということに気付きやすくなります。


ほかにも身近なもので聴力の衰えを確認することができるので紹介します!










鳥のさえずりが聞こえない場合は要注意



一番身近なものといえば鳥のさえずりでしょうか。


ただあなたが都市部に住んでいるなら、あまり馴染みがないかもしれませんね。

私は山間部出身なので、庭によく鳥がやってきたものです。



鳥も種類によって鳴き声の高さが違います。

パナソニックがこれを利用して、聴力検査のアプリを作っています。

アプリの詳細はこちらの記事をご覧ください。

パナソニックの聴き鳥テスト 野鳥のさえずりで聴力検査


ヤブサメという鳥のさえずりが特に聞き取りづらく、高齢になるほど聞こえないようです。



おおよそ8000Hzくらいの周波数帯なのですが、このあたりが聞こえなくなっていると難聴もそれなりに進行していると思ったほうがいいと思います。

ヤブサメより聞き取りやすい鳥のさえずりが聞こえないとなると、補聴器を使うことも考えたほうがいいぐらいに難聴が進行している可能性もあります。


お散歩中に鳥のさえずりが聞こえてきたら、今の鳥の声はなんて鳥かなぁと声をかけてみたりしてはどうでしょうか。

↑目次へ戻る


冷蔵庫が開けっ放しだったときのビープ音や体温計の音が聞こえない



最近は高齢者向けに音の大きな体温計というものも出ていますが、一般的な体温計の音が聞こえなくなっていると、それは難聴が進行しているサインです。


音自体は大体4000Hzぐらいの音なので、大体の人は聞こえる高さになっています。

ですが、いかんせん音が小さい!

そのため、非常に聞き取りづらくなっています。


これは冷蔵庫が開けっ放しの時になるブザーの音もおなじような感じですね。

要はだいたいの電子音が聞き取りづらくなってきたら難聴が進行しているということです。


これらの音が聞こえないと、中度難聴ぐらいのイメージです。

一般的な聴力検査にもひっかかってしまうと思います。


もし、家族の方が体温計の音に気付かない、冷蔵庫が開けっ放しで音がなっていても気付かないという状態の場合、難聴を疑ったほうがいいと思います。

↑目次へ戻る




オススメ記事

あなたも難聴になるかもしれない!? あなたの知らない難聴

はじめましての方もそうでない方も、お越しいただきありがとうございます! やちよ(@YfQEon4WnhloX3e )です。 このブログでは世間ではあまり認知されていない難聴そのものについてや聴覚補助の機器などについて記載をしていきます。 難聴というと先天的なイメージを持っている人が多いんじゃないですか? 実はあなたも難聴になる可能性があります! あるアメリカの高校では ...



難聴の種類とその原因について

はじめましての方もそうでない方も、お越しいただきありがとうございます! やちよ(@YfQEon4WnhloX3e )です。 会話をしていて、声は聞こえるけど何を言っているかは理解できない。 そんな難聴があるのをあなたは知っていますか? あなたのおじいちゃんおばあちゃんは 【音は聞こえているけど話している内容がわからない難聴】 かもしれません。 私も家内と出会うまでは 難聴とは音が小さく聞こえる、もしくは聞こえないというイメージ でした。 あなたもそうじゃないですか? 難聴にも種類があって、それぞれ聞こえ方が違うというではありませんか!



補聴器を諦めた人に試して欲しい みみ太郎

医療器具じゃない簡単な補聴器みたいものを集音器といいます。 家電量販店なんかで買うことができるやつがこれですね。 補聴器に比べるとかなり安く、調整もほとんどできません。 集音器は補聴器に比べると自分の聞こえにぴったり合うようにはすることができず、音を大きくするだけ というようなものもあります。 その補聴器と集音器の間とも呼べるのが、 補聴器を試してダメだったひとにぜひ一度使ってもらいたい 「みみ太郎 」 です。 何か月も調整をする必要がなく、かつ集音器よりも音質がいいため簡単に使うことができます。



大音量のテレビの音量を下げられるスピーカー

高齢のおじいちゃん、おばあちゃんが結構大きいボリュームでテレビを見ていて同居している側からするとかなりうるさくて困る。 こんなことがあるのではないでしょうか。 隣人の家の前を通るとテレビの音が家から漏れているなんてことも。。。 別の記事で紹介している難聴者でも聴こえるスピーカー comuoon(コミューン)を使い、こんな悩みが解決されたお話を紹介します。 ...

コメント

Copied title and URL
//pinterestの保存ボタン