Tranya T10B レビュー 低遅延のゲーム向け完全ワイヤレスイヤホン

ヘッドフォン
スポンサーリンク

TranyaというメーカーのT10Bという完全ワイヤレスイヤホンは5000円以下で購入することができ、スマートフォンで特にゲームをしたり映画を見るという人におすすめしたいイヤホンです。

TranyaはT20というイヤホンも持っているんですけど、これは通話とかテレビ会議用に買いました。
まぁそれが値段の割に思った以上によかったので、T10Bも買ってみたんですけど、こっちもコスパはいいですね!

サウンドは低音から中音域が綺麗でゲームや映画では臨場感が良く出ると思います。

T20に比べるとちょっと高音がシャリシャリするというか解像度が落ちる気がしますけど、会話向けとゲーム向けの差かなぁと思います。

5000円以下でゲームや動画向けの完全ワイヤレスイヤホンを探してる人はぜひ検討して見てください!

スポンサーリンク

サウンドは低音寄りで臨場感が出る完全ワイヤレス

T10Bはゲーム向けに作られているイヤホンです。
そのため臨場感などを重視していて、どちらかと低音がしっかり効いているサウンドになっているように感じます。
ゲームや映画をスマートフォンで楽しみたい人にはピッタリだと思いますね。

音楽だと低音重視なので、エレクトロやダンスミュージックに向いていると思います。

ロックも悪くないと思いますけど、ちょっと高音が物足りないので、その辺は好みによるかなぁという印象ですね。

ただ音楽を聴くにしても5000円以下なので、その辺のどこぞのよくわからないイヤホンを買うんだったらこっちを買ったほうが音も綺麗ですね。

安いイヤホンは音の悪さを低音強くして誤魔化してるようなイヤホンも多いですけど、そんな感じもありません。
低音は強めなイメージですが脚色はそんなにないと思います。

低音のブースト機能というのもついています。
Bass Boostedモードといいますが、確かに低音は強くなるんですけど、その分音がこもって聞こえてしまう印象です。

個人的にはBass Boostedは使わずにNormalで使う方が音楽を聴くにはいいと思います。

T10Bのスペック

T10Bの詳細なスペックについて見ていきましょう。

連続再生時間(イヤホン単体)8時間
最大使用時間(ケース込み)32時間
重量(ケース+イヤホン)48g
イヤホン重量(片耳)5g
再生可能周波数20Hz-20kHz
対応コーデックSBC, AAC
防水仕様IPX7
充電Type-C

イヤホン単体で5gとかなり軽いですよね。
ケースもイヤホン込みで48gなので、全然気にならない重さです。

同じくTranyaから出ているT20の方がさらに軽いですが、そっちはどちらかと言うとビジネスユースな感じです。

充電もType-Cでできるし、連続再生時間も8時間となっているので、普通に使う分には何も困らないですね。

防水仕様はIPX7となっています。
これは具体的どのくらい防水なのかというと、防塵のテストはしておらず、防水の場合、30分ぐらいなら水に浸かってても大丈夫というぐらいの防水機能になります。
そのため、雨やスポーツで使うくらいであれば十分な耐水性だと言えますね。

T10Bの内容物

T10Bについてくるものを確認してみましょう。

  • ステッカー
  • 取り扱い説明書
  • ケース
  • イヤホン本体
  • イヤーピース3種
  • 充電ケーブル

イヤーピースはL、M、Sがついていて、Mサイズが初めから装着されています。

それ以外にステッカーと取り扱い説明書、ケースの中にイヤホン本体が入っています。

一点注意点としては、Type-Cの充電ケーブルは入っていますが、充電器自体は付いてこないというところでしょうかね。

T10Bの使い方

T10Bにはタッチセンサーがついていて、イヤホンを触るだけで色々な操作ができるようになっています。

タッチセンサーとはイヤホン側面の平らになっている部分がそうです。
この側面をタッチすることで、操作をすることができます。

操作方法は次のとおりです。

音楽を聴くとき

機能イヤホン操作
再生/停止左 or 右1回タッチ
音量を上げる2回タッチ
音量を下げる2回タッチ
曲を飛ばす3回タッチ
曲を戻す3回タッチ
ゲームモードの切り替え左 or 右4回タッチ
サウンドモードの切り替え左 or 右5回タッチ

その他操作

機能イヤホン操作
Siriなど音声操作の起動左 or 右1秒タッチ
通話の拒否/終了左 or 右1秒タッチ(受電時)
通話の応答左 or 右1回タッチ(受電時)
電源オン左 or 右4秒タッチ
電源オフ左 or 右4秒タッチ

電源はケースからイヤホンを取り出すと自動で電源が入るようになります。
ただ、手動で電源を切ってケースにいれていない場合は手動で電源を入れる必要があります。

手動で電源をオンにする場合は、両方のイヤホンを4秒タッチし続けます。
手動で電源をオフにする場合は、片方のイヤホンを4秒タッチし続けます。

ペアリング方法

初めてペアリングする場合は接続したいデバイスのBluetoothをオンにします。
そして接続可能なデバイスからT10Bを探します。

T10Bを選んであげると、ペアリングが完了します。

一度ペアリングしてしまえば、次回からはケースから取り出せば、Bluetoothがオンになっていれば自動でペアリングができます。

イヤホンをケースに戻すことで自動でペアリングは解除されます。

ゲームや動画をみるのに安くていいイヤホンを探している人はぜひ使ってみてください!

仕事などで通話やweb会議で使うような場合はTranyaのT20もおすすめです。
T10Bよりもさらに小型で軽量、電池のもちもいいのでめちゃめちゃ使い勝手がいいですよ!
T20も実際に普段から使っていて”Tranya T20 レビュー 通話に最適なお手頃価格の完全ワイヤレスイヤホン“でレビューしているので参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//pinterestの保存ボタン