5000円以下の高コスパイヤホン Final E1000C

ヘッドフォン
スポンサーリンク
せっかくならいい音で音楽を聴きたい!でもイヤホンにはそんなにお金をかけたくない!

そういう人は多いんじゃないでしょうか。

私はイヤホンに数万円をかけれちゃう人なので、ちょっと世間からずれてしまっていますが
やはり安くていい音が鳴るならそれに越したことはありません!

安くていい音なんていう欲張りな願望をかなえてくれるイヤホンがあります!

それがfinalのE1000C!

スマホで音楽を聴く人なら電話等も全部使いたいですよね。

final E1000Cはマイクも搭載しているので、そのまま通話をすることも可能です。

私も有線イヤホンはfinalのHEAVENⅣというものをメインで使っています。

金額はE1000の10倍ぐらいするので、音質は当然E1000Cに比べるといいわけです。

ですが、値段差ほどの違いがあるかというと、実はそんなに劇的な違いがあるとは思えないぐらいE1000Cもいい音質です。

そもそもfinalというメーカーのイヤホンは非常に高音質ですね。

有線イヤホンで、コスパのいいイヤホンを探している人は、是非検討してみてください!

私もHeavenⅣが断線したら買おうかな!

 

スポンサーリンク

電話も音楽もコレ1本 3000円で何でもできちゃう

ファイナルは非常に音にこだわっているメーカーであり、割と金額の高いイヤホンが多いです。 またあまりイヤホンに興味のない方はファイナルと言うメーカーすら知らない人も多いと思います。

 
 
このE1000Cはそんなファイナルが中高生向けに安くても良い音で聴けるイヤホンを作ってあげたいと言う思いから生まれたイヤホンです。
 
ほとんどのファイナルのイヤホンではイヤホンのみとなっています。
 
ですがこのE1000Cにはマイク付ワンボタンコントローラーはついています。
 
 
 
そのため他のファイナルのイヤホンは音楽を聴くため専用のイヤホンですが、E1000Cを使えば通話もすることができます。
 
 
音も非常に良いのでウェブ会議やテレビ電話でも重宝します!
 
 
正直3000円のクオリティーではないのでとても人気のある商品となっています。
 
 
ウェブ会議やテレビ電話をしても音が聞き取りづらいと言う人はE1000Cを試してみて下さい!
 

ちなみにマイク付きワンボタンコントローラーなしのE1000というものもあります。

コントローラーがついていない分、音質はそのままにさらに安くなっているのでマイクいらないという人はこちらもおすすめですよ。

 
 
 
 
 
 

音にこだわるfinalだからできる安くても高音質イヤホン

 
イヤホンが好きな人であれば知っている人も多いですがほとんどの人はファイナルと言うメーカーを知らないと思います。
 
 
ファイナルは非常にことにこだわったイヤホンを作るメーカーです。
 
 
そのため金額も高めの設定が多いです。
 
 
私が使っているイヤホンも30,000円以上します。
 
 
 
そんなファイナルが培ってきた技術を低コストでつぎ込んだのはこのE1000Cです。
 
 
 
そのため5000円以下のイヤホンの中では抜群に音がいいです!
 
 
 
私はイヤホンに高いお金を出す人間なのでこのE1000Cは持っていないのですが
 
 
イヤホンにこんなに高い金出さなくてよくね?
 
と思わせてくれるような逸品です。
 
 
5000円以下で音の良いイヤホンを探している人は、まずこのE1000Cを勧めたいと思います!
 
 
 
 
 
 

基本スペック

 
細かいスペックは文字で書かれていてもよくわからないと思いますが一応ある程度は記載しておきます。
 

 

  1. 音声感度 102dB
  2. バッテリー不要
  3. カナル型イヤホン
  4. インピーダンス 16Ω
  5. 重量 15グラム

 
 
スペックとしては一般的なイヤホンと大きな違いはありません。
 
 
本体が15グラムと非常に軽量ですね。
 

これだけ軽ければ長時間使っていても聴き疲れしないのでうれしいです。

 

 
ジャック部分はL型を採用しているので断線しにくい点も評価できます。
 
金額は安いですが、かゆいところにも手が届くいいイヤホンですね!
 
 
 

その他おすすめ有線イヤホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//pinterestの保存ボタン