Saosin 3rd Album [Along the Shadow] レビュー

音楽
スポンサーリンク

Saosinはアメリカのスクリーモ、ポストハードコアバンドです。
Saosinについては”アメリカのスクリーモ、ポストハードコアバンド SAOSIN“を参考にしてください。

EMOやスクリーモを聞く人でSaosinを知らない奴はもぐりだと言われるぐらいの最重要バンドです!

そんなSaosinの3nd AlbumがAlong the Shadowです。

長い沈黙のあと1st EPで脱退した初代ボーカルのアンソニーが復帰して、ファンとしてはめちゃめちゃうれしいリリースになりましたね。

詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

Along the Shadowの概要

2016年にリリースされ、前作から7年も経過してリリースされました。
その間に2代目ボーカルのコーフが脱退したりとかなり紆余曲折ありましたね。

初代ボーカルのアンソニーの復帰とかなりファンとしてはうれしいニュースがあり、無事リリースされたアルバムになります。

1st、2ndまではスクリームはほとんどなく、ほぼ100%クリーントーンの歌でした。
ですがアンソニーが復帰したことで、スクリームが復活していてほぼすべての曲に多かれ少なかれスクリームが入っています。
そのため、エモ色が強い感じでしたが、Along the Shadowはスクリーモ色がかなり強くなりました。

楽天ブックス
¥1,122 (2022/09/28 17:03時点 | 楽天市場調べ)

収録曲

全13曲が収録されています。

  • The Silver String
  • Ideology Is Theft
  • Racing Toward A Red Light
  • Second Guesses
  • Count Back From TEN
  • The Stutter Says A Lot
  • Sore Distress
  • The Secret Meaning Of Free
  • Old Friends
  • Illusion & Control
  • Control And The Urge To Pray
  • Drinking From The Fountain
  • Along The Shadow Of Man

そのうちシングル曲は3曲です。

  • The Silver String
  • Racing Toward A Red Light
  • Control And The Urge To Pray

それぞれの曲を詳しく紹介します。

The Silver String

Along The Shadowのリードトラックでこのアルバムのキラーチューンですね。
久しぶりに帰ってきたアンソニーのハイトーンがとってもかっこいい!

コーフがいた前作よりもアンソニーに戻ってボーカルの激しさが戻ってきましたが、曲の複雑さが少し落ち着いたかなぁという印象です。

どこか退廃的でゴシックな雰囲気がありますね。
まあPVのイメージに引っ張られてる気がしなくもないですけど。

前作までとはまた違ったSaosinを聴くことができます。

Ideology Is Theft

個人的にめちゃめちゃSaosinっぽいな!って感じる曲です。
メロディは少しメロウな感じなんですけど、途中からスクリームありーのリズムがかわりーの、サビのサウンドはカッコいいわで
あ、Saosinだなって思うところが沢山あります。

Racing Toward A Red Light

リフがめちゃめちゃカッコいいシングル曲です。
Saosinの曲には珍しいスクリームが多用されている曲で、どちらかというとメタラー向きの曲になってますね。

エモコアからSaosinにたどり着いた人は少し苦手かもしれません。
が、まさにスクリーモって感じでめちゃめちゃテンション上がります。

Second Guesses

もうイントロからめちゃめちゃエモい曲!
前3曲は激しすぎるなぁと言う人もSecond Guessesなら聞きやすいと思います。

エモさの中に所々アクセントにスクリームも入っているので激しさが欲しい人も満足できる曲ですよ!

Count Back From TEN

Saosinらしいイントロは激しくてメロディ部分はおしとやかな曲です。
初期からSaosinを聴いている人からすると、そうそうこれこれ!って感じる曲!

The Stutter Says A Lot

サビがドラマティックでSaosinには珍しく聞いていて疲れないというか、全体的にストレートでネガティヴなイメージもないのでのんびり聴くことができる曲です。

ポップが好きな人でも聞きやすい曲に仕上がってますね。

Sore Distress

全体的に重く遅いという、パンク系のバンドにはあんまり多くない感じの曲ですね。
もちろんドゥームほど重くて遅いわけではありませんけど!
どちらかというとヘビーなサウンドが好きな人にハマる曲だと思います。

The Secret Meaning Of Free

ファストコア系のスコスコいう速いリズムの曲でSaosinの中ではあまりないテンポの曲です。

前のSore Distressが遅く重い曲のなので、続けて聞くと対比が凄くて、聞いていてスカッとします。

Old Friends

Saosin古参からするとアンソニーが戻ってきて、Old Friendsなんてタイトルの曲を聞くだけでなんかグッとくるものがあります。

結構エモいバラードのかなぁと思ったらめちゃめちゃサウンドは重いし、スクリームはあるしで普通にロックな曲です。

後半ドラムがめっちゃ大変そうなのでぜひ聞いてみてください!

Illusion & Control

1st EPに入ってそうな曲構成とサウンドで古参のSaosinファンにはぜひきいて欲しい曲です!
やっぱSaosinかっこいいわ!ってこの曲聴くと思いますね。

Control And The Urge To Pray

シングルにもなっている曲です。他の2曲のシングルは結構攻めた曲でしたが、この曲はSaosinっぽさが強い曲です。

随所にカッコいい箇所が散りばめられていて聞いてきて飽きない曲です。

Drinking From The Fountain

このアルバムの中ではちょっと趣向が違う曲ですね。
2ndっぽい曲調にアンソニーのボーカルが乗ってるみたいな!
リズムが縦ノリで聞いていて楽しい曲です。

後半は怒涛のスクリームでライブめっちゃ盛り上がるんだろうなぁ

Along The Shadow Of Man

バックのサウンドのおとなしさとアンソニーのスクリームの対比がすんごい!
まさに激情型スクリーモのお手本のような曲です。

おすすめ曲

久しぶりに復活してどれもSaosinらしさが胸にしみますが、やはりアンソニーらしさを感じられるThe Silver Stringいいですよね。

ぜひ音楽もいいですが、PVもいいのでシングル曲は全部PVも見てほしいですね。

個人的にはSaosinっぽさが詰まっているIdeology Is TheftとIllusion & Controlもイチオシです!

その他Saosinの作品

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//pinterestの保存ボタン