補聴器以外の会話支援機器 音声認識編

まとめ
スポンサーリンク

やちよ(@YfQEon4WnhloX3e)です。

みなさんは聴こえを補うものというと何が思いつきますか?

やはり補聴器でしょうか?

こちらでは主に重度難聴者やろうの方、講演などで用いられる音声認識ソフト、文字おこしをしてくれるソフトを紹介していこうと思います。

どれも私が利用しているアプリでみなさんも使ったことあるひとが多いソフトもあると思います。

補聴器以外にもこういうもので会話を支援することができるということを知ってもらうだけでも個人的には万々歳なので、是非ご覧ください。

もちろん聞き取りを改善する機器もまとめております。

スポンサーリンク

Speaksee

まだ商品自体は私も見たことがありませんが、現在クラウドファインディングで資金集めをしているSpeakseeという商品があります。 こちらは複数人にマイクを付けてもらい、それを自分の携帯電話に文字化していくという商品です。

イメージは画像をみてもらうとわかりやすいですが、それぞれのマイクが色分けされていて、そのマイクに応じた色でおこした文字をわけて誰がなにを発言したかをわかるようにしています。

まだ資金調達段階で商品は手元になりので私も識字率がどのくらいかわかりませんが、複数人での会話という難聴者にとってかなり難しいシチュエーションをクリアすることができる画期的なデバイスです。

詳細な記事はこちら

複数人でコミュニケーションがとりやすくなる Speaksee
難聴の方は言葉が聞き取りづらくなるだけではなく、音の聞き分けも苦手になります。そのため、複数人が一斉に話したりすると、会話の内容が途端にわからなくなってしまうという人も多くいます。Speakseeは複数のマイクを話して側の人それぞれにつけて...

UDトーク

音声認識、文字変換ソフトといえばコレ!ではないでしょうか。

UDトークというアプリですが、みなさんも1度はみたことがあるんじゃないですかね?

パソコンやスマートフォンのアプリで用意されています。

法人向けのアプリは有料ですが、個人で使うものは無料で利用することが可能です。

外にいても携帯電話で使うことができるので、非常に使い勝手がいいです。

プライベートでもビジネスでも色々なシーンで使うことができるのでダウンロードしておいて損はないと思います。

詳細な記事はこちら

また、軽度から中度の難聴者の方については自分の耳で会話を聞きたいというかたも多いと思います。

そういう方のために会話支援機器をまとめているので、こちらもご覧ください。

アプリで簡単に会話を文字化できる UDトークがおすすめ 
やちよ(@YfQEon4WnhloX3e)です!みなさんこのようなマークを見たことがありますか?これは耳マークといいます。耳の聞こえない人や聞こえにくい人は見た目にはわかりづらいです。この耳マークをつけることで聞こえづらいことを示すことがで

しゃべり描き

しゃべり描きの最大の魅力はなんといっても双方向で見やすいように画面を分割することができる点ではないでしょうか。

しゃべり描きは画面を分割することができるので、自分がしゃべった内容を相手に同時に表示することが可能です。 さらにユニークな点は、話した内容もしくはキーボードで打った内容を指で画面をなぞることで、好きなように表示することができます。

これにより、画像を取り込んで、その画像についての説明書きを入れたりすることも簡単です。

かなり筆談が楽になるアプリだと思うので、これについてはもうありとあらゆる人がダウンロードしてほしい。

しかも筆談の要素だけではなく、画像に好きなように文字を表示できるので、ビジネスや画像の加工にも利用できます。

詳しくはこちらを参考にしてみてください。

筆談を簡単に 音声入力とキーボード入力ができるアプリしゃべり描きがおすすめ
やちよ(@YfQEon4WnhloX3e)です。耳が不自由な人とのコミュニケーションや、外国人とのコミュニケーションに非常に便利なアプリがしゃべり描きというアプリです。UDトークやGoogleの音声文字変換ソフトは非常に便利ですが、...

コメント

Copied title and URL
//pinterestの保存ボタン